令和3(2021)年 第38回信州さらしな・おばすて観月祭 全国俳句大会募集句一般の部入賞句及び選者特選と講評

日本遺産制定記念「月の都」大賞

走り根のふんばつてゐる酷暑かな    長野市 丸田 千春

 

長野県知事賞

おしろいの咲いて飯場の灯りけり 福岡県宗像市 梶原マサ子

 

千曲市長賞

裏木戸に母の来さうな菊日和   山口県周南市 𠮷浦百合子

 

千曲市教育長賞

兜太似の雲飛んでゐる三尺寝      沼田市 山口 雄二

 

信州千曲観光局会長賞

終の地のどこをぬけても月の道     千曲市 中澤 房子

 

おばすて観月賞

田毎とて抱くは一枚夏の月       長野市 池田 典隆

水打つてひとまず道はしめりけり    上田市 石井 杏梢

西国へ途中の土筆摘んでをり     安曇野市 関 よし絵

そら色の糸も編み込み小鳥の巣    和歌山市 中筋のぶ子

おばすての月に溺れてしまいけり    大和市 伊藤 宗雄

夏休み少年三人ただ歩く       下諏訪町 古田 真琴

草茂る山羊でも借りて来たくなる    千曲市 中村  洋

石ころに石ころの影秋深し       長野市 木原  登

姨捨の月夜に婆の髪を梳く     さいたま市 関根 道豊

そつと出てそつとかたぶく山の月    岡山市 丹下 凱夫

あのときの領収書です草の花     新居浜市 大賀 康男

不揃ひの蛙の声や千枚田        長野市 西方 来人

捨てられる齢なりけり月見汁      辰野町 根橋 久子

居酒屋の常連に伍し木の葉髪      甲府市 和田 雷造

利尻富士海抜ゼロの草いきれ      千曲市 青木く美子

父母眠るだけのふるさと墓洗ふ   さいたま市 波切 虹洋

仲見世の掻き氷屋の人だかり      長野市 山上 正視

夕焼けの都会の隅の孤影かな      諏訪市 金子 覗石

植田澄む田毎に残る足の跡       阿南町 松澤 啓子

父の日や念力緩みてはならず      小諸市 角田 良子

現世の裏へ表へ朴落葉         小諸市 角田 良子

豊の秋棚田の闇のうつくしく      長野市 舩戸しづか

 

 

選者特選と講評

宇多喜代子先生選

□特選

夏休み少年三人ただ歩く  下諏訪町 古田 真琴

〔選評〕

昨年からのコロナの件で、子どもたちの夏休みは面白くない。折角三人が集まったのだけど、特に行く宛てもなく、ただ歩いている。一人でも二人でもなく三人という人数に妙な説得力がある。喋っているのか、黙っているのか、さて三人はどこへ行くのか。

 

□秀逸

石ころに石ころの影秋深し  長野市 木原  登

不揃ひの蛙の声や千枚田   長野市 西方 来人

現世の裏へ表へ朴落葉    小諸市 角田 良子

 

 

□佳作

梅雨しとど暗きまゝなる岩野駅      長野市 青木 武明

あのときの領収書です草の花      新居浜市 大賀 康男

千曲川先の先まで良夜かな        文京区 大久保 昇

姨捨のふくらむ波動遠花火        所沢市 小林 久子

早稲の香の一塊の雀かな         岐阜市 柴田  太

御祓を受けて神社の夏期講座      安曇野市 鈴木 尚子

手造りの杖の四五本登山口        所沢市 鈴木 征子

田水張る姨捨山の夕景色         長野市 髙橋由兵衛

神官の烏帽子正して山開き        長野市 田辺 海樹

そつと出てそつとかたぶく山の月     岡山市 丹下 凱夫

蕎麦咲くや村にこの風この匂ひ      知多市 寺部 糸子

青蚊帳のうねりの底を子は泳ぐ      松本市 中村 百仙

ふるさとは白壁多し豊の秋    東京都小金井市 藤岡 定子

今朝の秋どの山となく一礼す       茅野市 藤森すみれ

さらしなの水音高き植田径        阿南町 松澤 啓子

鎮魂の山のたそがれ朴一花        土岐市 三輪 洋路

植田澄み星の明るき信濃かな       沼田市 山口 雄二

山葵沢砂をどらせて水奔る        枚方市 譲尾三枝子

裏木戸に母の来さうな菊日和    山口県周南市 𠮷浦百合子

稲架掛や一羽に続く鳥の群れ       千曲市 若林みき子

 

 

佐藤文子先生選

□特選

田毎とて抱くは一枚夏の月  長野市   池田 典隆

〔選評〕

姨捨山の麓の水田のそれぞれのひとつひとつに月が映るといわれている。丁度五月ころ、田植えの前に水が張られた時期に見られる。が、実は田毎にいくつも月が映っているわけではない。この句も、棚田の月はよくよく見ると、一枚の田んぼにしか映っていないのだよといっているのである。夢が破れるような句だが、現実はそういうものだといっている。本当のことを言うのは勇気がいる。

 

□秀逸

夕焼けの都会の隅の孤影かな       諏訪市 金子 覗石

そつと出てそつとかたぶく山の月     岡山市 丹下 凱夫

捨てられる齢なりけり月見汁       辰野町 根橋 久子

 

□佳作

姥捨ての水のひかりを生きる蝶       浜松市 植田  密

搾乳を終へし牛舎の良夜かな        文京区 大久保 昇

食べ頃を仏に訊いてゐるメロン    岡山県津山市 岡田 邦男

満月と光り合ひけり千曲川         瀬戸市 尾崎八重子

一掬に蹲踞の月崩れゆく         大牟田市 鹿子生憲二

おしろいの咲いて飯場の灯りけり   福岡県宗像市 梶原マサ子

投げ入れの鉄砲百合は背きあふ       広島市 川手 和枝

新樹光吸うて身ぬちをきれいにす      長野市 木原  登

いわし雲日暮れてうろこ崩れけり    東京都足立区 佐藤 孝志

風鈴の舌揺れ通しよくしやべる    東京都渋谷区 駿河 兼吉

月下美人刹那のひと夜共にせり       高山村 高野 悠子

おばすての姨を尋ねて飛ぶ螢        岐阜市 滝沢 利之

冠着の遠く煙れる青水無月         長野市 田辺 海樹

死ぬること忘れ林檎を植ゑてをり      小諸市 角田 良子

プライドを捨てかねてゐる案山子かな  さいたま市 波切 虹洋

サックスの音色高高月痩せぬ     山口県下松市 野田智寿子

名月を窓に残して眠りけり         飯田市 松之元陽子

雪の小夜たつた一行日記閉ず        長岡市 美濃部絋三

姨捨の思ひを深む良夜かな      群馬県沼田市 山口 雄二

千曲川へ降りそゝぐなり冬銀河    群馬県沼田市 山口 雄二

 

 

水内慶太先生選

□特選

西国へ途中の土筆摘んでをり  安曇野市 関 よし絵

 

〔選評〕

「西国へ」の「へ」は西国巡礼の略。西国街道などを観音巡礼の途次、不図目にした「土筆」を「摘んで」いるという。とても長閑な風景を詠い上げている。巡礼はキリスト教徒のパレスチナ巡礼、イスラム教徒のメッカ巡礼ほかが名高い。笈摺を背に、諸所の霊場を巡拝する。巡礼という旅の緊迫感は「土筆」との一会で少しは緊張を解くことが出来た。「土筆」の小さな命を通して、心が救われたことを神に感謝している。詩魂ここにあり。

 

□秀逸

豊の秋棚田の闇のうつくしく        長野市 舩戸しづか

兜太似の雲飛んでゐる三尺寝        沼田市 山口 雄二

裏木戸に母の来さうな菊日和     山口県周南市 𠮷浦百合子

 

□佳作

姨捨の空へ北窓開きけり          千曲市 青木く美子

鈍行に陽炎積んで飯山線         木島平村 片桐 嶂泉

したたりの糸引くやうに落ちにけり     高山村 勝山 栄泉

老年に青の時代や道をしへ         新潟市 北  悠休

びしよ濡れの野良着で虹を独り占め     長野市 西方 来人

抽出に月を住まはせ逮夜かな        市川市 執行  香

石置けば石を回りし蟻の列         川崎市 下村  修

蛍火や耳から眠る赤ん坊          長野市 白鳥 寛山

おばすての道尽きるまで良夜かな      小平市 鈴木三光子

良夜かな赤子の産着すぐ乾く        小平市 鈴木三光子

泥の手の煙草や畦を塗り上げて      茅ヶ崎市 塚本 治彦

干草を風ごと丸め雲の影          辰野町 中谷 和歌

牛一頭まるごと洗ふ夕立かな        長崎市 西  史紀

滴りを束ねて峡の底知れず         宗像市 藤﨑由希子

葉がくれの青柿太りつつ生家        茅野市 藤森すみれ

飯綱山の流れの早し夏の雲         長野市 宮尾 静風

千曲川へ降りそゝぐなり冬銀河       沼田市 山口 雄二

草青くあぎと通しの鮎三尾         枚方市 譲尾三枝子

窓四方開けて青田の風に棲む        枚方市 譲尾三枝子

竹馬のうしろにいつも父の陰     山口県周南市 𠮷浦百合子

 

 

宮坂静生先生選

□特選

草茂る山羊でも借りて来たくなる  千曲市   中村  洋

 

〔選評〕

軽いユーモアがいい。草が茂る畑であろう。山羊を借りて来て放し飼いにしておきたい。毎日炎天下での草取りにつくづく飽きた。農家の女衆の本音である。生涯、春から秋の終りまで、草に追いまわされて、顔は表も裏も区別がつかないほど黒くなる。手は草搔きのように、ごつく荒れ放題。どうしてくれると訴えるところもない。せめて、こんな一句にしてうさばらしをするのが関の山。

 

□秀逸

父の日や念力緩みてはならず        小諸市 角田 良子

終の地のどこをぬけても月の道       千曲市 中澤 房子

走り根のふんばつてゐる酷暑かな      長野市 丸田 千春

 

□佳作

アネモネや机上小さな妻の国       軽井沢町 岩永はるみ

八月や子は人形を手放さず      埴科郡坂城町 大井さち子

おしろいの咲いて飯場の灯りけり   福岡県宗像市 梶原マサ子

したたりの糸引くやうに落ちにけり     高山村 勝山 栄泉

噴水のいただきに水弾ねてをり       広島市 川手 和枝

七輪の炭の匂ひの古本屋          伊那市 黒河内美惠子

青葉風一人の友を攫ひたる         岡谷市 小松 貞良

曼珠沙華喉の骨を誉められて       安曇野市 鈴木 尚子

廊下の奥薔薇より夕日はなやげり     安曇野市 関 よし絵

前髪を上げし少女や胡麻の花      さいたま市 関根 道豊

おばすての姨を尋ねて飛ぶ螢        岐阜市 滝沢 利之

鯰喰ひ鯰のごときのらりくらり      茅ヶ崎市 塚本 治彦

案山子みな冠着山へ向いており       千曲市 中澤 房子

田草取折返し魚籠結ひ直し         辰野町 中谷 和歌

祖母のこと少し話して豆ごはん       練馬区 中山 玲子

葉がくれの青柿太りつつ生家        茅野市 藤森すみれ

鎮魂の山のたそがれ朴一花         土岐市 三輪 洋路

遠雷や戸板をかたす露天商         沼田市 山口 雄二

兜太似の雲飛んでゐる三尺寝        沼田市 山口 雄二

農継いで手際よく畦塗る子かな       枚方市 譲尾三枝子

 

 

東福寺碧水先生選

□特選

そら色の糸も編み込み小鳥の巣  和歌山市 中筋のぶ子

 

〔選評〕

コロナ禍の世でも、季節は着実に巡り来ます。ふと見つけた小鳥の巣には、そら色の紐状のものが混じり暖かそうな雰囲気です。生まれ来る雛もこれで安心という、作者の気持ちも感じ取ることが出来る俳句です。

 

□秀逸

利尻富士海抜ゼロの草いきれ          千曲市 青木く美子

植田澄む田毎に残る足の跡           阿南町 松澤 啓子

仲見世の掻き氷屋の人だかり          長野市 山上 正視

 

□佳作

湯上りの窓辺に蕎麦の花明り          生駒市 赤木 貞子

千曲川先の先まで良夜かな           文京区 大久保 昇

雪虫や信濃に京の千社札      大阪府三島郡島本町 大島 幸男

神国と言はれ八月十五日         岡山県津山市 岡田 邦男

白日傘たたみたちまち主婦の顔         千曲市 尾和有美子

能面のひらく朱唇や夏至の月          新潟市 北  悠休

閑けさや穴あきダムの春の水          長野市 坂口 勝子

展望台釣瓶落しの千曲川            信濃町 杉山美津子

良夜かな赤子の産着すぐ乾く          小平市 鈴木三光子

姨捨の月夜に婆の髪を梳く         さいたま市 関根 道豊

梅雨出水堰にうづまくゴムボール        長野市 髙木のりえ

落人の姫の泣き石黍畑             長野市 髙橋由兵衛

発掘の穴の底まで油照り           茅ヶ崎市 塚本 治彦

街道は右も左も草いきれ            小牧市 西尾桃太郎

蜩や明日に残す野良仕事            横浜市 沼宮内かほる

おきまりの戦話や生身魂            松本市 野尻 寿康

何もかも忘れゆく母盆の月           日光市 星野えり子

青田風棚田たな田を吹き下ろす         長野市 松澤 佳子

陸奥へ波のこゑ聞く月夜船           長野市 村田 秀子

ベランダに襁褓を吊るし端午とす        甲府市 和田 雷造

 

 

 

古田紀一先生選

□特選

水打つてひとまず道はしめりけり  上田市   石井 杏梢

 

〔選評〕

店の前だろうか。暑い日の続く頃は、毎日通りに水を撒いているのだ。今日も打水をし終わったがおしめり程度、この暑さではすぐ乾いてしまうというその人の気持ちが伝わる。夏は長年続けていること、あの一時の涼気のための今日の一事である、通る人のためにも。

 

□秀逸

おしろいの咲いて飯場の灯りけり   福岡県宗像市 梶原マサ子

姨捨の月夜に婆の髪を梳く       さいたま市 関根 道豊

居酒屋の常連に伍し木の葉髪        甲府市 和田 雷造

 

□佳作

うたた寝をゆり起されて晦日そば      大和市 伊藤 宗雄

搾乳を終へし牛舎の良夜かな        文京区 大久保 昇

野仏のごとくに母のかげろへる    岡山県津山市 岡田 邦男

田亀這ふ河口に高き堆積土         諏訪市 金子 覗石

石ころに石ころの影秋深し         長野市 木原  登

青葉風一人の友を攫ひたる         岡谷市 小松 貞良

農小屋の鼠も集ふ良夜かな         長野市 近藤 柊雨

手造りの杖の四五本登山口         所沢市 鈴木 征子

窯元のトンバイ塀や魂迎          長野市 髙橋由兵衛

青田風受くるや背筋伸びゐたり       岡谷市 瀧川 重子

鶴引きて静寂空に戻りけり       常陸太田市 舘 健一郎

蔓草に蔓のからまる残暑かな       山ノ内町 徳竹 徳重

水船に月を浮かべて山暮し         高山市 直井 照男

終の地のどこをぬけても月の道       千曲市 中澤 房子

祖母のこと少し話して豆ごはん       練馬区 中山 玲子

サックスの音色高高月痩せぬ     山口県下松市 野田智寿子

信号機の向こうも一人梅雨半ば       長野市 宮尾 静風

晩涼の湖に水陸両用車           諏訪市 宮澤  薫

打水の終は遠くへ打にけり         沼田市 山口 雄二

冬ざるる渡船の跡の舫杭          沼田市 山口 雄二

 

 

玉井玲子先生選

□特選

おばすての月に溺れてしまいけり  大和市   伊藤 宗雄

 

〔選評〕

九百句の中から掲句を特選にいただいたのは、調べの美しさに加え、「おばすて」という固有名詞にいささかの揺るぎもない点にある。降り注ぐ月光に棚田の稲は惜しみなく黄金色を差し出す。天と地の輝きに心を奪われた作者の感動「溺れてしまいけり」を心ゆくまで味わいたい。

 

□秀逸

あのときの領収書です草の花           新居浜市 大賀 康男

父母眠るだけのふるさと墓洗ふ         さいたま市 波切 虹洋

走り根のふんばつてゐる酷暑かな          長野市 丸田 千春

 

□佳作

初蝶の光となりて消えにけり            松山市 井上由美子

雪虫や信濃に京の千社札         大阪府三島郡島本町 大島 幸男

野仏のごとくに母のかげろへる        岡山県津山市 岡田 邦男

ガリ版の手書き文集きらら虫            長野市 小沼 孝子

夕づきて植田明りの家路かな           山ノ内町 佐藤 冬扇

蛍火や耳から眠る赤ん坊              長野市 白鳥 寛山

はじめから風の涼しき千曲川            横浜市 竹澤  聡

発掘の穴の底まで油照り             茅ヶ崎市 塚本 治彦

終の地のどこをぬけても月の道           千曲市 中澤 房子

しあはせを閉じ込めたくて障子貼る       さいたま市 波切 虹洋

ふるさとは白壁多し豊の秋         東京都小金井市 藤岡 定子

包帯の少女と茅の輪くぐりけり     埼玉県入間郡三芳町 本庄 淳也

バス降りてよりじやがたらの花の道         土岐市 三輪 洋路

五輪てふ祭の果てし今朝の秋            長野市 村田 秀子

パン屋まで歩いて二キロ麦の秋           札幌市 森  溪児

兜太似の雲飛んでゐる三尺寝            沼田市 山口 雄二

夕焼けて家紋浮き立つ蔵の街            沼田市 山口 雄二

水音の絶えぬ棚田や夏の雲             長野市 山関きみ江

蛇捕りの地に置く袋うごめけり           枚方市 譲尾三枝子

裏木戸に母の来さうな菊日和         山口県周南市 𠮷浦百合子

 

※採点は、1句高点とし、特選3点、秀逸2点、佳作1点とし、同点の場合は、多くの選者が選定した句、さらに同点の場合は投句の到着順としました。

 

一組一句抄  五十音順

チャイム鳴りポニーテールの更衣        酒田市 相蘇 和子

姨捨の空へ北窓開きけり            千曲市 青木く美子

昼酒に酔ひし客人つけば小屋          長野市 青木 武明

千曲川溢れし村に盆の月            生駒市 赤木 貞子

万峰の雪解を一に千曲川            取手市 秋織田一刻

長楽寺の僧より筆を夏の旅         ふじみ野市 阿部 昭子

八月や納戸の奥に五升釜           佐久穂町 阿部 紀子

足音に蝌蚪の逃げゆく田圃道         十日町市 阿部みきを

田毎とて抱くは一枚夏の月           長野市 池田 典隆

涼やかな風情の急須一茶なり          上田市 石井 杏梢

水打つてひとまず道はしめりけり        上田市 石井 杏梢

姨捨の代田百枚夕映える            須坂市 一色 正次

おばすての月に溺れてしまいけり        大和市 伊藤 宗雄

もう千歩ゆきて緑蔭給はらむ          一関市 稲玉 宇平

向日葵や枯れし威厳を見せてをり       名古屋市 稲熊 明美

あふちの花うすむらさきに烟りゐる       鏡野町 井上 幹?

目標の白寿はすぐそこ松の芯          堺 市 井上 昌子

水のいろ濃くなる日暮れ濃あぢさゐ       松山市 井上由美子

当てもなく地球儀ぐるり梅雨ごもり       長野市 猪瀬 武邦

貫頭衣着て校長の田植唄            赤穂市 猪谷 信子

更科に棚田に映る月涼し            横浜市 今村 千年

アネモネや机上小さな妻の国         軽井沢町 岩永はるみ

野面積たかき城址夕しぐれ          軽井沢町 岩永はるみ

姨捨の棚田を写す稲光             諏訪市 岩波 輝征

姨捨や蛇の衣ある棚田みち           諏訪市 岩波 輝征

万緑の満腹山路身の浄む            木祖村 岩原 和子

梅雨夕焼目を転ずれば潤む月          岡谷市 岩本 隆子

姥捨ての臭ひを消して青葉騒          浜松市 植田  密

背丸め昭和の息で葛湯吹く       大阪市阿倍野区 上西左大信

奉納の小さき手形や七五三       大阪市阿倍野区 上西左大信

夏雲や食む牛の耳うごきづめ         南佐久郡 上村 敦子

月見団子まるめて義母とうちとけり    千葉県富里市 歌代 美遥

青田風月の都の声と聞く          伊豆の国市 梅原 清音

遠浅間枝垂れ桜の幹太し            佐久市 江元 年子

背泳ぎにひとつ雲浮く大空よ       埴科郡坂城町 大井さち子

裏門に甲斐犬吠ゆる遍路寺          新居浜市 大賀 康男

千曲川先の先まで良夜かな           文京区 大久保 昇

千枚の田の一枚のおらが月     大阪府三島郡島本町 大島 幸男

水槽の金魚手掴み満二才            松本市 太谷 米子

天を突く遠く青嶺の槍ケ岳           松本市 太谷 米子

野仏のごとくに母のかげろへる      岡山県津山市 岡田 邦男

半世紀前は領土や鳥帰る         岡山県津山市 岡田 邦男

湖の大きくなりし良夜かな        岡山県津山市 岡田 邦男

新じやがのふるさとの土運び来る        練馬区 尾上さち子

つくしんぼの干菓子に茶席和みけり       練馬区 尾上さち子

登校の子の挨拶や小白鳥            佐久市 岡村 光博

羽博きに充たす勇気や燕の子      東筑摩郡山形村 荻上 憲治

病む君へクール便にて若葉風      東筑摩郡山形村 荻上 憲治

横に広がる球審の手や夏終る      東筑摩郡山形村 荻上 憲治

満月と光り合ひけり千曲川           瀬戸市 尾崎八重子

荒畑糞の転がる兎道              長野市 小沼 孝子

花火果て一枚の闇のこさるる          千曲市 尾和有美子

一掬に蹲踞の月崩れゆく           大牟田市 鹿子生憲二

穂すすきの光漕ぎゆく千曲川         大牟田市 鹿子生憲二

防人のおくつき烏瓜の花         福岡県宗像市 梶原マサ子

信濃路やどの道行くも青田風         木島平村 片桐 嶂泉

接種する日を指折りて髪洗ふ         木島平村 片桐 嶂泉

梅雨空や畑仕事の手の重し           高山村 勝山 栄泉

月の出を三百年の見し古刹           長野市 勝山  學

田を植ゑて瑞穂の国となりにけり        勝浦市 加藤 義秋

腕ゆるく通す白服朝の湯屋           諏訪市 金子 覗石

信濃の国ハミングしてる夏帽子         長野市 萱津 和男

月光の隈無く照らす千曲川          尾張旭市 川崎美智子

夏草を刈り進みたり怒り肩           広島市 川手 和枝

能面のひらく朱唇や夏至の月          新潟市 北  悠休

万緑や矢を待つ的の息づかひ          諏訪市 北沢 益子

五感まだ錆てはをらず耕しぬ          赤穂市 木谷 和美

月光に濡るる身の内深呼吸       神奈川県鎌倉市 喜多村純子

初蝶や動き始めたバスの窓           千曲市 杵渕 晴子

いちまいとなりて堰越す春の水         長野市 木原  登

姨岩に来ては声出すすがれ虫          長野市 木原  登

六月の田川韋駄天走りかな           長野市 木原  登

沢蟹の俺を見上げて横歩き        大分県国東市 木村吾亦紅

水かぶり五十キロ競歩広島忌          長野市 窪田やすこ

庭師が木や花や草を剪定す           大垣市 栗田 史朗

星月夜なにか寂しき波の音           広島市 黒木 詔子

七輪の炭の匂ひの古本屋            伊那市 黒河内美惠子

往きて来て鴨グズグズと何か言ふ        伊那市 黒河内美惠子

折り返す田植機角を嫌ひをり       千葉県佐倉市 小池 成功

おばすての観月電車後退り           松川町 小島千代美

十六夜の月こそ良けれ長楽寺          松本市 小西 保男

川の名の犀とかわりぬ落し水          松本市 小西 保男

木守りやヒヨドリの来て賑賑し         豊野町 小林 菅峯

父ねむる墓の方へと早苗束          小布施町 小林 京子

中空を柳絮連れ行く千曲川           所沢市 小林 久子

鍬を持ち五十年なり麦の秋           坂戸市 小林 美峰

青葉風一人の友を攫ひたる           岡谷市 小松 貞良

なに洗ふための束子や花藻咲く       大和高田市 小松 丈夫

農小屋の鼠も集ふ良夜かな           長野市 近藤 柊雨

月代の千曲川の蛇行橋に人           長野市 西方 来人

日焼の顔の塗装工真白き歯           長野市 西方 来人

朗らかに信濃の空に歌ふ月           長瀞町 坂上ふみを

果てし無き身の上話夏の月          茅ヶ崎市 坂口 和代

三尺寝すくと目覚す腹時計           長野市 坂口 勝子

夕闇の川面の光合歓の花            長野市 坂口 勝子

棚田から棚田へつづく田植水          越谷市 坂本ひさ子

苗ぴんと植ゑて農の血流れをり         香取市 坂本 正夫

秋澄むや壁に屋号の蔵飾り          春日部市 櫻井 玄治

はたた神出自は信州山の上           上田市 佐々木真砂夫

衿立てて夜景ツアーや冬の月          千曲市 佐藤紀佐子

棚田ごと暮春の月の映りをり       東京都足立区 佐藤 孝志

鱗田の畦は千本田水張る           山ノ内町 佐藤 冬扇

山指して悲話語る僧月の里          山ノ内町 佐藤 冬扇

泥濘に溺れてゐたる落穂かな          信濃町 佐藤 正博

満月や屋根しろがねに村眠る          信濃町 佐藤 正博

田の神の紛れて月の宴かな           市川市 執行  香

打つて投げ走る太谷朱夏の漢          佐久市 篠原 捷四

寒四郎耐へよ生き伸ぶことをせよ     兵庫県神戸市 柴田 房子

竹筒の湯治の宿の秋団扇            岐阜市 柴田  太

鵙高音今朝もすつきり目覚めけり        岐阜市 柴田  太

げんげ田に牛追ふ父を重ね見る         日進市 嶋  良二

嬰眠る棚田の風の涼しさに           鎌倉市 嶋村 博吉

風鈴や元気な風の集まりぬ           飯田市 清水 闊親

刈田原音なき風の通り過ぐ           横浜市 清水 道夫

月影の揺るる外湯に独りかな          横浜市 清水 道夫

風鈴の清しき日本もどり来よ          松本市 下田 幼和

緑陰に入り五感を呼び戻す           松本市 下田 幼和

声交わす農夫と農婦落し水           飯田市 下平千津子

杏咲く村となりけり帰郷せよ          長野市 下平 初子

石置けば石を回りし蟻の列           川崎市 下村  修

寒に研ぐ加賀の友禅流しかな          豊田市 城山 憲三

農に生き田植機乗れば齢忘る       兵庫県赤穂市 白井貴佐子

蛍火や耳から眠る赤ん坊            長野市 白鳥 寛山

展望台釣瓶落しの千曲川            信濃町 杉山美津子

下の子のすぐ見破りぬ今年米          岐阜市 須坂 大寒

御祓を受けて神社の夏期講座         安曇野市 鈴木 尚子

手造りの杖の四五本登山口           所沢市 鈴木 征子

良夜かな赤子の産着すぐ乾く          小平市 鈴木三光子

心地よき電車の揺れに春惜しむ      東京都渋谷区 駿河 兼吉

囀るやピアノにのせる恋の歌       東京都渋谷区 駿河 兼吉

鶴帰るたちまちはるかなる空へ      東京都渋谷区 駿河 兼吉

向日葵の頭を垂れる夕間暮れ       東京都渋谷区 駿河 兼吉

風鈴の舌揺れ通しよくしやべる      東京都渋谷区 駿河 兼吉

迷ひしかここ原宿を夏の蝶        東京都渋谷区 駿河 兼吉

日が渡り月がわたりて土筆野に        安曇野市 関 よし絵

朴葉巻姉に遺されたくはなし         安曇野市 関 よし絵

前髪を上げし少女や胡麻の花        さいたま市 関根 道豊

更級や大磐石に立てば月           千曲市 瀬在 光本

経行に心澄ませて夏書せり          高槻市 瀬野  浩

行きて逝きしあの人の夢終戦日        長野市 髙木のりえ

虫かごの裏に五十路の子の名前        長野市 髙木のりえ

月下美人刹那のひと夜共にせり        高山村 高野 悠子

成長を祈る端午の大漁旗           長野市 髙橋由兵衛

頭部無き毀釈野仏苔の花           長野市 髙橋由兵衛

薫風や音符流れて来るやうな         岡谷市 瀧川 重子

手をつなぐ踊る土偶や星まつり        千曲市 滝沢 武子

青空を着て若草にねころがる         岐阜市 滝沢 利之

御在所の空すべりくる赤とんぼ        岐阜市 滝沢 利之

黄金なす棚田見下ろす長楽寺         深谷市 武井  猛

信濃路の水の匂ひのリンゴ捥ぐ        深谷市 武井  猛

信濃路の昨日も今日も五月雨るる       横浜市 竹澤  聡

落し水音の聞ゆる棚田かな          長野市 竹村 守拙

姨捨の駅に見下す月明り           長野市 竹村 守拙

立ち昇る雲の中からはたた神         長野市 竹村 守拙

映画会ありし校庭天の川           赤穂市 武本 敬子

運ばれた先で生きてく鳳仙花       常陸太田市 舘 健一郎

姨捨山に棄老伝説秋の風           長野市 田中 重実

砂浜に寄せては返す海は秋          練馬区 田中 俊雄

満月のかぐや姫へのセレナーデ        練馬区 田中 俊雄

焼芋や気持ぐらつくダイエット        練馬区 田中 俊雄

冠着の遠く煙れる青水無月          長野市 田辺 海樹

棚田に日ひとつずつ置き田植終ゆ       長野市 田辺 海樹

汗拭ふ母よ百まで生きやうよ         長野市 玉井 玲子

八畳の間を吹きぬけり盆の風         岡山市 丹下 凱夫

海と空交はる辺り遠花火          茅ヶ崎市 塚本 治彦

ぎこちなき歩みしつぽのなき蜥蜴      茅ヶ崎市 塚本 治彦

荒梅雨や棚田の水も溢れ落つ        四日市市 佃   実

幾星霜月を友とす地蔵かな          千曲市 土屋 秀樹

死ぬること忘れ林檎を植ゑてをり       小諸市 角田 良子

父の日や念力緩みてはならず         小諸市 角田 良子

青き夜や四十八枚田を植ゑて         知多市 寺部 糸子

蕎麦咲くや村にこの風この匂ひ        知多市 寺部 糸子

改築の壁剥がす音炎天下           長野市 東福寺碧水

黒日傘女ぶつぶつ独り言           長野市 東福寺碧水

おばすてのしづかに昏み田水沸く       長野市 常盤しがこ

コロナ禍のうがひのなかを燕とぶ       長野市 徳竹三三男

蔓草に蔓のからまる残暑かな        山ノ内町 徳竹 徳重

父の背は弟眠る月の道            千葉市 冨田 柊二

初夏の風の迎への棚田かな          入間市 内藤 紀子

天に星地に虫集く信濃かな          高山市 直井 照男

紅葉映え清水溜る山の道           新潟市 中尾佐恵子

老いて月見る嬉しさよ寂しさよ     山口県下松市 中川 房子

姨石に寄り添つており夏帽子         千曲市 中澤 房子

終の地のどこをぬけても月の道        千曲市 中澤 房子

そら色の糸も編み込み小鳥の巣       和歌山市 中筋のぶ子

農学校土手の裾巻く日日草          辰野町 中谷 和歌

母在せし土間の暗みの梅仕事         辰野町 中谷 和歌

寂しさに蟻を無口に掻き殺す         輪島市 中津 正克

青蚊帳のうねりの底を子は泳ぐ        松本市 中村 百仙

鍵のなき田舎の生活夜の秋          松本市 中村 百仙

立秋や棚田の中の姪石仏           千曲市 中村恵美子

晩秋の雲とどまれる千曲川          長野市 中村 恭子

姨捨や田毎の月のひそやかに        北九州市 中村 重義

「姨捨」を舞ふ美女ありき月の宴       北九州市 中村 重義

草茂る山羊でも借りて来たくなる       千曲市 中村  洋

祖母のこと少し話して豆ごはん        練馬区 中山 玲子

通過する姨捨駅に冬の霧           犬山市 夏目 敏一

プライドを捨てかねてゐる案山子かな   さいたま市 波切 虹洋

牛一頭まるごと洗ふ夕立かな         長崎市 西  史紀

西瓜割り浜を叩ひて砂飛ばす         小牧市 西尾桃太郎

人間こそ悪しきウイルス夏の草        小牧市 西尾桃太郎

幼の手力を込めて墓掃除           小牧市 西尾桃太郎

蜘蛛の囲のつぎ目結び目探す目に       横浜市 沼宮内かほる

竹林の蛍火ゆれる静寂かな          横浜市 沼宮内かほる

信濃路の冷たき雨や遅桜           熊谷市 根岸 芳功

田の神が見守る過疎の春田打ち        熊谷市 根岸 芳功

秋の蝶年少クラスに風と来る        木島平村 祢津 恭子

おおらかに姨の語れる月の宴         辰野町 根橋 久子

おきまりの戦話や生身魂           松本市 野尻 寿康

鴨の水脈川面のビルを崩しゆく     山口県下松市 野田智寿子

おばすての棚田に宿る千の月         江東区 橋本世紀男

朽舟の木かげにありて葭雀    埼玉県比企郡嵐山町 橋本 良子

山門に鳩の字の額秋澄めり         江戸川区 羽住 玄冬

姨捨の棚田に雲や風は秋          我孫子市 八川 信也

おばすてや青田の上を黄の月が        岡谷市 林   妙

信濃より越後を目ざす鰯雲          枚方市 春名  勲

風死すや瀬音幽けし千曲川          茅野市 樋口みね子

土手を切り青田繋ぐや水魂          茅野市 樋口みね子

尺八の音も爽やかに月まつり        多治見市 樋口  緑

眼帯を解かれ感涙けふの月          東御市 緋絽 楚緋

名月や月の都を日本遺産           東御市 緋絽 楚緋

月涼し思ひ出すまま語り合ふ         赤穂市 深澤美佐恵

百羽発ち千羽の音や稲雀       東京都小金井市 藤岡 定子

滴りを束ねて峡の底知れず          宗像市 藤﨑由希子

郭公や山門近く六地蔵      岡山県苫田郡鏡野町 藤田 明子

余り苗も育ち棚田の風青し          茅野市 藤森すみれ

句碑訪へば木洩れ日秋を誘ひけり       茅野市 藤森すみれ

葉がくれの青柿太りつつ生家         茅野市 藤森すみれ

白玉や噂話のまだつづく          下諏訪町 古田 真琴

命毛に墨たつぷりと春の鹿         安曇野市 穂苅 真泉

さらしなの月一輪の鎮魂歌          日光市 星野えり子

遠雷や欅ざわめく坂の町        東京都多摩市 堀内 昭代

東京の空の真青や梅の花        東京都多摩市 堀内 昭代

田水張りアルプスでんと居座れり       長野市 本木 文人

地図になき卒寿の道や寒卵          長野市 本木 文人

民宿の訛なつかし田螺和     埼玉県入間郡三芳町 本庄 淳也

野生へともどるゴーギャン星月夜       川崎市 前川 整洋

まんまるの月を持ち上げ山笑ふ        長野市 牧野 菊生

落鮎や棚田の水は千曲川へと         阿南町 松澤 啓子

さらしなを発つ汽車の音冬銀河        阿南町 松澤 啓子

青田風棚田たな田を吹き下ろす        長野市 松澤 佳子

信州の姨捨伝説聴く月下           長野市 舩戸しづか

輪郭をはみ出してゐるはたた神        飯田市 松之元陽子

おばすてや稲穂出るよと月照らす       長野市 松本 紀子

青春は軍需工場に母の夏           長野市 松本れい子

走り根のふんばつてゐる酷暑かな       長野市 丸田 千春

枯蟷螂立ち合いたりし浅間山         佐久市 三石 俊司

夜は月昼間は孫の虜かな           佐久市 三石 俊司

天空の棚田に挑む田植衆           柏 市 三津木俊幸

棚田今思ひ思ひの代田かな          長野市 峰村 玲子

渾身の天職とし雪卸す            長岡市 美濃部絋三

青芝や転んで泣かぬ次男坊          長野市 宮尾 静風

コロナ禍や自由気ままな夏燕         長野市 宮尾 静風

千枚田いよいよ咲くや稲の花         千曲市 宮城 隆一

入道雲湖を鏡として太る           諏訪市 宮澤  薫

晩涼の湖に水陸両用車            諏訪市 宮澤  薫

バス降りてよりじやがたらの花の道      土岐市 三輪 洋路

歩行器の母一歩二歩汗ばめる         土岐市 三輪 洋路

老人に土嚢重たき出水川           土岐市 三輪 洋路

長靴のきゆきゆつと鳴いて深雪晴れ      町田市 村田 和子

五輪てふ祭の果てし今朝の秋         長野市 村田 秀子

叢雲に月の隠れて芭蕉塚           大垣市 村田 通夫

カタログに折目つけおく半夏生        松本市 百瀬 明子

コロナ禍や宙をまさぐる瓜の髭        松本市 百瀬 明子

島影をはるばる届け秋日落つ         札幌市 森  溪児

遍路ガイド遺して父の旅終る         札幌市 森  溪児

婿からのレッドグローブ八十路夫       長野市 森  佳江

介護終へ夜濯ぎ欠かすことなき日       長野市 山上 正視

仲見世の掻き氷屋の人だかり         長野市 山上 正視

握手して別れ惜しむや花疲          沼田市 山口 雄二

打水の終は遠くへ打にけり          沼田市 山口 雄二

姨捨の思ひを深む良夜かな          沼田市 山口 雄二

山頂のすさぶも咲くや冬桜          沼田市 山口 雄二

素泊りの小窓震わす雪起し          沼田市 山口 雄二

底冷えの広辞苑とづ文をとづ         沼田市 山口 雄二

千曲川へ降りそゝぐなり冬銀河        沼田市 山口 雄二

月渡るひかりの帯の千曲川          沼田市 山口 雄二

兜太似の雲飛んでゐる三尺寝         沼田市 山口 雄二

名月やとなりの部屋の高鼾          沼田市 山口 雄二

夕焼けて家紋浮き立つ蔵の街         沼田市 山口 雄二

水音の絶えぬ棚田や夏の雲          長野市 山関きみ江

跡継ぎのいない棚田の水落とす        枚方市 譲尾三枝子

老の日の姥捨論に更ける夜          枚方市 譲尾三枝子

かつて亡夫熱烈な恋巴里祭          枚方市 譲尾三枝子

耕せど耕せど跡継ぎはなし          枚方市 譲尾三枝子

吊り縄の縒り目に干せる寒豆腐        枚方市 譲尾三枝子

鶏の餌に雀来てゐる愛鳥日          枚方市 譲尾三枝子

農継いで手際よく畦塗る子かな        枚方市 譲尾三枝子

母作る赤飯色の初桜             横浜市 湯本みどり

裏木戸に母の来さうな菊日和      山口県周南市 𠮷浦百合子

空蟬の縋るや二つ父母の墓          佐久市 吉岡  徹

早苗植え棚田を守る絆あり          大町市 吉澤 明子

水たたえ棚田の夜明迷路かな         大町市 吉澤 憲良

闇深き湖畔の宿や月今宵           草加市 吉田 武峰

風が言ふ明日は明日五月雨るる        塩尻市 吉野ふさ子

白髪の母の歩幅よ花あんず          千曲市 若林みき子

ベランダに襁褓を吊るし端午とす       甲府市 和田 雷造

雨上がる光をのせて植田かな        相模原市 渡辺 一充

氷水畳にさらりこぼしけり          山口市 渡邉 貴之

 

 

 

 

令和2(2020)年 第37回信州さらしな・おばすて観月祭 全国俳句大会募集句一般の部入賞句

〈選者共選〉
さらしな・おばすて大賞

 姨捨の月の虜となりにけり         上高井郡高山村   高野 悠子

 

長野県知事賞

 蜻蛉の眼の中にある故郷かな            長野市   田辺 海樹

 

千曲市長賞

 木の根明く地球の一樹一樹より        神奈川県相模原市 渡辺 一充

 

千曲市教育長賞

 降る雪や青き蛇行の千曲川          群馬県沼田市   山口 雄二

 

信州千曲観光局会長賞

 菊月の空をひろげて庭師去る         山口県下関市   木嶋 政治

 

優秀賞

 初鏡母は少女に戻りけり            三重県志摩市   廣岡 梅生

 おもむろに月に吹く笙構へけり         岐阜県大作市   村田 通夫

 青紫蘇の春や出棺へ手を貸しぬ         新潟県妙高市   古川よし秋

 秋の燈のゆかし千木格子かな          岐阜県岐阜市   滝沢 利之

 緑陰を出て新しき影とゆく              松本市   下田 幼和

 青林檎一つひとつに闇を抱き             松本市   下田 幼和

 水切って掛け直したる釣忍           兵庫県赤穂市   猪谷 信子

 

 

秀作賞
 行く人のふつと消えたる蝶の昼            長野市   木原  登

 天涯に水の音あり十三夜            埼玉県越谷市   鈴木 恭子

 一間だけ灯る生家や遠河鹿           東京都世田谷区  関戸 信治

 

佳作

 春の川岸辺に光り零しつつ           埼玉県さいたま市 森田 恒宝

 味噌樽の黴がうごめく十三夜             長野市   近藤 柊雨

 つくばひの舟となりけり今日の月        愛知県瀬戸市   尾崎八重子

 月光を待たせてをりぬ山の駅          千葉県市川市   執行  春

 青臭く積まれてゆけり今年藁          東京都江東区   しろがね巌

 月光を揺さぶつてをり千曲川          東京都文京区   大久保 昇

 萍の水より迅く田に迅る            大阪府枚方市   譲尾三枝子

 五月晴れ空へ空へと観覧車           南佐久郡隻穂町  相馬 祐助

 稲魂となりし信濃のはたた神          岐隼県土岐市   三輪 洋路

 蛇衣を脱ぐや水音絶え間なく          神奈川県大裏町  川村 研治

 姨捨をのぼる秋空へとのぼる             千曲市   尾和有美子

 道と言ふ道なく統く花野かな          千葉県船橋市   月岡 千秋

 睡蓮の一寸坐って咲いけり           大阪府大阪市   亀澤 邦男

 過去ばかり膨らむベンチ青葉闇         秋田県秋田市   岡部いさむ

 大の字に空翔んでゐる昼寝の子         秋田県秋田市   岡部いさむ

 不動瀧深山木霊は天翔ける           秋田県秋田市   岡部いさむ

 天金をひらいて紙魚を許さざり         岩手県一関市   稲玉 宇平

 シンバルの最後の一打秋空へ             千曲市   中澤 房子

 縄文の合掌土偶月へ向く               千曲市   中澤 房子

 気を孕みきりりと立てり古代蓮            岡谷市   瀧川 重子

 マスクして鬼と仏がすれ違ふ          東京都江戸川区  羽往 玄冬